2 試合はそんなにあまくない

 

 

まだまだいけると思い、学校の仕事を非常勤に変え、選手に戻って3,4か月で試合を組んでもらった。2年ぶりの試合。

試合6月ということもあり、暖かく身体の調子もいい。徐々に練習の量と質を上げていった。

 

調子も良かったのでついつい2年前のような追い込んだ練習のあと、疲れがたまっていたものの対人練習をした。2年前なら普通のことだが・・・

その対人練習で左ミドルを蹴った瞬間

右ふくらはぎが「ぶちぶちっ」と・・・

え?

初めての痛み焦った。少し落ち着き、知り合いのトレーナーに連絡すると、すぐ駆けつけて応急処置をして下さった。たぶん肉離れやなぁと・・・

改めて病院に行き診てもらうと肉離れと診断された。これが歳なのか・・・笑

試合約2週間前…

「ま、体重と治すのに専念すればいいや」と思い氣持ちを切り替えた。もちろんこの状況でも余裕で勝てると信じていた。笑

 

 

試合結果は判定勝ち

だが、内容が良くなかった。

めちゃくちゃあまかった・・・

この頃の言い訳としては「2年のブランク?怪我もあったりで2年前みたいにガッツリ練習は出来ていなかったっちゃーできていなかった・・・」

それでも、考え方や身体の変化がありもっといけると思っていた。

軽く思っていたのだ。

試合は皆死に物狂いで勝ちにくる‼︎そんな世界だと私は思う。

痛いし、下手したら身体がどうなるかわからない危険性の高いスポーツ…

あの時はへんに自信があった・・・気のゆるみ

勝ったからまだ良かったが…

あまい…

試合は自分だけじゃない

忘れてはないけど…

ただただあまかった。

ほんとあほだ。そして、失礼なやつだ。選手失格

 

 

 

3 自分を信じるしかない へ続く・・・