私が今考える、プロスポーツで勝負する身体をつくるために必要なもの

 

それは、心・トレーニング・食事

 

行なっている競技が好きである。目標、夢がある。覚悟がある。

 

 

トレーニング

自分の全ての身体を使える。真ん中を知る。

 

・基礎が悪けりゃ、上に建てても崩れやすい。

 

・鎧をつける前に、中身ができていないと鎧を使いこなせない。

 

・基礎ができていれば、長年に渡って技の制度を高めることができる。

 

 

食事

普段の生活で、調子が悪い、眠たい、痒い、痰、鼻水など身体の症状を見逃してはいけない。

 

これらは、基本的に身体の内なる叫びであると考える。

 

今飲んでいる飲み物は本当に大丈夫なのか?食べ物は?

 

皆んなが良いと言うから安心して飲んで、食べて

 

それが原因とも知らず、少しの症状にも気づくことなく

 

身体に無理をさしているようではパフォーマンスに悪い影響がでる。

 

そこにこだわれたら更にレベルアップできる。

 

戦後から色々な食文化が日本に入り、「美味しさ」だけを追求する人たち。

 

結果、「簡単に美味しい」を作り出し、自然の食べ物では無くなっている。

 

料理だけではない、果物、野菜、魚、肉などの食材、それらは本当に自然に近い状態で育った食べ物?

 

プロスポーツでトップクラスで勝負したいなら、食にこだわるのが一番の近道だと考える。

 

 

食事が変われば、心も変わる。

 

心が変われば身体も変わる。

 

身体が変われば制度を高め続けれる。

 

それらが変われば目標を達成できる。

 

目標を達成し続ければ、夢が叶ってさらなる夢へ…

 

 

 

心、トレーニング、食事について私が勉強した事を詳しく書いていこうと思います。

 

一つ一つが繋がっている。